自動車の相続

  * 普通自動車は、登録することによって所有しているとみなさ

   れます。 

   その為、所有者が死亡するとその自動車は、遺産となり、相続が

   発生して相続人の共有となります。

 

   いったん相続手続きをおこなってから次の所有者になった相続人の

   名義変更の手続きを行います。

   もし、自動車の引き取り手がなく、廃車にする場合でも、相続による

       名義変更手続きを行なってから、廃車の手続き行うことに

       なります。 

  

   他人に車を譲渡したい場合もいったん相続する人に車の名義変更を

   してから、知人、友人等の名義に変更します。

 

   車の相続も放っておくと、誰も乗っていない車の自動車税等の納税

   通知が毎年送られて来てしまいます。

 

  *  軽自動車の所有者が死亡した場合、自動車を相続した相続人は、 

    相続による名義変更の手続きをする必要があります。

  相続の書類は、必要なく、軽自動車の通常の名義変更の手続き

  します。

  また、相続と同時に住所が変わった場合は、一緒に変更届をします。

    この時に車庫証明が必要な地域への転入の場合は車庫証明も取る

  必要があります。