遺 留 分

 

*遺留分とは、相続人に留保された相続財産の一定の割合のことを

 いいます。

 遺言者は、原則として遺言によってその相続財産を自由に処分する

 ことが認められていますが、その自由を無制限に認めてしまうと

 本来の相続人をあまりに無視してしまう結果となってしまいます。

 そこで、法は、遺留分を定め、その範囲で遺言の自由を制限して

 いるわけです。

 

*遺留分を侵害された相続人は、その侵害された限度で贈与、遺贈の

 効力を失わせることができます。

 これを減殺請求といいます。

 この減殺請求権は、相続開始及び贈与、遺贈があったことと、それ

 が遺留分を侵害し、減殺請求しうることを知ったときから1年以内

 に行使しなければ時効で消滅してしまいます。

 これらの事実を知らなくても、相続開始から10年が経過した場合

 も権利行使できなくなります。

 

*遺留分を有するのは、兄弟姉妹を除く法定相続人、つまり、配偶

 者、子、直系尊属に限られます。